お金くれる人
キャバクラに勤めてから私はパパを何人も作っていました。そして、何人かの人と体関係を持ちました。しかし、そのせいで私のお腹には新しい命が宿りましたが、父親が誰か分かりませんでした。両親とは仲が悪かったので相談する事はなく、お腹の父親は、誰か分からないまま子供が出来たと告げれませんでした。しかし、子供を下ろしたい気持ちはなかったので産む決意をしました。

子供は無事に産まれ、貯金もあった事もあってしばらくは働かないで生活は出来ましたが、さすがにこのままではいけなかったので私は子供を保育園に預けて再びキャバクラで働きました。しかし、前のパパみたいにやたら体の関係にもつことは出来なくなりました。そのため私はデートパパみたいな存在の人を作ろうと思いました。もちろんデートパパを見つけても体の関係はなしで行こうと思いました。しかし、デートだけでお金をくれるパパなんてそんな簡単に出会えませんでした。

朝昼は子供の世話。夜はキャバクラ。私の体はそろそろ限界を迎えていました。そんな時に1人の男性と知り合いました。何度も店に通い私を指名して、たくさんのお金を使ってくれるので私は少しずつ彼に気を許して行きました。しかし、体の関係にはなりたくなかったのでデートパパみたいな存在になっていました。体の関係を持たないでお金をくれる彼。もし、彼が妻子持ちじゃなかったら好きになっていました。そして、彼のおかげで生活は少しずつ楽になり私は夜の仕事を少し減らして昼間の仕事を見つけようと思います。
愛人契約
愛人募集掲示板

今日のアクセス:1/昨日のアクセス:0
トータルアクセス:1


メール

無料携帯ホームページレンタル-Thunder
新規作成

友達に教える

管理